MENU

パーツがたくさんあります

作業員

蛇口の種類があります

キッチンや浴室で使用する蛇口はさまざまな形状があります。水の量を調整するパーツがハンドルやレバーのものがあります。また、水と湯を同時に調整できるシングルレバーや水と湯を別々に操作できるハンドル混合水栓が主なものになります。蛇口の構造によって水漏れの仕方が異なっていきます。修理をする際にはたくさんの修理パーツを見分ける技術も必要になり、水漏れの専門業者へ相談する必要があります。レバー式の混合水栓は内部にバルブカートリッジが内蔵されています。この部位は水量や水温の調整をする要の場所です。使用年数によってこのバルブカートリッジが故障をすると水量不足や温度の不安定さが生じます。また、バルブカートリッジを内部に持つスパウト部分が不良を起こすことで水漏れが生じる場合があります。シングルレバー混合水栓の故障は耐久年数を越えたときにはバルブカートリッジの交換が必要です。ハンドル混合水栓にはバルブカートリッジが内蔵されていないため、故障が少なく長寿命といえます。壁と蛇口を繋ぐクランクや水と湯のハンドル部分、汚水を流すパイプに劣化が生じると、それぞれの場所で水漏れを起こすことがあります。こんなときには本体ごとの交換ではなく、多くの場合パッキンを入れ直すことで解決することができます。また、止水栓周辺からの水漏れは気がつきにくく、シンクの下に水が貯まることで気が付くケースがあります。パイプの接続部分からの水漏れならば同様にパッキンを交換します。業者へ連絡するとさまざまなパーツを持って来てくれるので安心です。

Copyright© 2017 室内での水漏れは害虫発生の原因|すぐに業者に相談しよう All Rights Reserved.